手軽なボトックス治療【注射を打つだけで一定の効果が得られる】

お手軽整形

看護師

もともとは医療行為でした

ボトックス注射は、発達しすぎた筋肉をほぐし、縮小させる目的で使われます。そのため、今では美容整形外科などで使用されることが増えてきました。もともとは脳卒中などで筋肉がこわばった手足にボツリヌス菌を注射してほぐし、動かせるようにする医療行為です。ボツリヌス菌は本来人体にとって毒ですが、適量の投与であればむしろ実用的な物質です。この治療方法をエラ・しわの除去やふくらはぎの痩身に応用したものがボトックスです。噛む筋肉が発達しすぎてできてしまったエラに注射すれば小顔効果が得られます。しわ付近の表情筋に注射するとその他の筋肉が補おうと発達し、しわを引き延ばしてくれます。ふくらはぎのこぶ状になった筋肉に注射すれば、余分な筋肉が縮んですらっとしたモデルのような足になれます。脂肪吸引や外科手術と違って出血はありませんし、入院の必要もありません。注射針で内出血などはありますがメイクで隠せる範囲内、1週間ほどで消える程度の軽い症状です。ボトックスは忙しい人や仕事を休めない人にとっては手軽で活用的な治療方法です。ボトックスは筋肉を弛緩させる作用があります。そのため、施術してからしばらくは施術部位付近に違和感を覚える可能性があります。しかしそこで別の病院へいったり、ネットなどで見つけたりした自己流の処置をおこなわないように気を付けてください。現れる症状は個人差があり、まったく現れない人もいますし症状もばらばらであることが多いです。たとえばエラにボトックス注射をした場合、あごの筋肉が弛緩していることで食べ物が噛みづらくなったり、口が開きにくくなったりするような症状がみられる場合があります。だいたい1時間から2時間程度で症状は治まりますので、その間は食事をしないようにするのがよいでしょう。また、数日間にわたって頭痛が現れる人もいます。だいたいは1週間ほどで治まるのですが、痛みが激しかったり治まらなかったりする場合は担当医に相談をおすすめします。ほかにも、内出血や注射による痛みなども現れる場合がありますが、これも時間がたてば治まるものです。施術に際して担当医から指示を受けるはずですので、注意事項にしっかり従ってください。

Copyright© 2018 手軽なボトックス治療【注射を打つだけで一定の効果が得られる】 All Rights Reserved.